イノベーションの文化

Welocalizeは、企業の皆さまがグローバルな拡大を続ける中で相互運用性、
拡張性、効率を高めるイノベーションで業界をリードしています。自動化による複雑なプロセスの効率的な管理、戦略的買収によるサービスの拡充、あるいはテクノロジーベースのソリューションの統合。これらのイノベーションの中核にあるのは、事業の変革を可能にすることです。Welocalizeは、考え方としても実践としても、イノベーションを奨励し、推進しています。

高度なMTおよびニューラルMTサービス

人工知能

Welocalizeは、機械翻訳 (MT) によって可能になるテクノロジー主導の言語プログラムの設計および管理をグローバルブランドから任されています。コンテンツが増加し続ける中、各企業は翻訳自動化や、人がほとんど介入しないコンテンツ編集に関する専門知識を求めています。言語プロセスの自動化により翻訳を高速化し、大量コンテンツでの生産性の増加をもたらします。Welocalizeの専任のランゲージテクノロジーチームは、変化し続ける品質要件を満たすMTや自然言語処理 (NLP) ソリューションの開発と実現に取り組んでいます。Welocalize社内の計算言語学チームは、オープンソースの各種ニューラルMTコミュニティにも積極的に携わり、研究と実用の間のギャップを埋めています。Welocalizeの機械翻訳と言語自動化サービスの例を以下にご紹介します。

  • 前処理およびポストエディットツールを使用して汎用機械翻訳 (MT) エンジンのパフォーマンスを最適化
  • MTエンジンとTMS環境との統合を設計、実装
  • 市販品とオープンソースの両方で、ニューラルMT、ルールベースMT、ハイブリッドMTおよび統計的MTの各エンジンを目的別にカスタマイズ
  • 人工知能 (AI) と機械学習向けのトレーニングデータの作成
最新の納品プラットフォーム

プロセスオートメーション

世界中で事業を展開する企業は、業務、技術、組織に関してさまざまな課題に直面します。Welocalizeはこういった企業のパートナーとして、弊社の社内技術プラットフォームがクライアントのローカリゼーションプログラムの成功の礎であることを認識しています。弊社は、以下に示す原則を元に設計された、次世代の技術プラットフォームの開発によって、デジタルトランスフォーメーションを実現しました。

  • 小規模プロジェクトから大量サービスまでの拡張性
  • 高速でアジャイル、コントロールしやすい管理・自動化プロセス
  • データドリブンの意思決定サポートおよびパフォーマンス管理
  • スマートな人材確保によるキャパシティ確保と品質管理

この基本的なプラットフォームでは、3万人を超える言語エキスパートからなる膨大なネットワークと一体化した弊社のプロジェクト納品ライフサイクル全体で、タスクとコンテンツ管理を統合します。その結果、相互運用性、自動化、柔軟性をサポートする最新のサービス提供環境が実現しました。 これがクライアントにもたらす影響は計り知れません。
弊社のプロジェクトマネージャー、翻訳者、ローカリゼーションエンジニア、その他の事業関係者と連携して仕事を進めることが、これまで以上に簡単になります。

この技術プラットフォームでは、クライアントを現在のエコシステムの範囲内でサポートすることもできますし、また将来の要件に向けて準備を整えることもできます。将来への準備とは、現時点で言うとコンテンツ管理システム (CMS)、商品情報管理ソフトウェア (PIM)、マーケティング自動化プラットフォーム (MAP) などのエンタープライズシステムとの統合を意味します。将来的には、機械学習や人工知能 (AI) をサポートするため、データのモデリングや取得方法を評価することになるでしょう。以下のようなさまざまな導入モデルをサポートするため、まずコンテンツの要件、情報技術のインフラストラクチャ、望ましい事業上の成果を理解するところからスタートします。

  • スマートな人材確保により、トレーニングを受けたプロジェクトマネージャーや翻訳リソースを調整することで、クライアントの既存の翻訳管理システム (TMS) をサポートする
  • コネクター、ワークフロー、統合アプリケーションをカスタマイズすることで、クライアントの既存のTMSを強化する
  • 市販のTMSの評価と概念実証を効率化し、目的に合っているか判断する
  • 標準に準拠し、相互運用性をサポートするオープンソースTMSを導入する
戦略的なお客様中心のソリューション

アドバイザーサービス

グローバルな業務全体でデジタルトランスフォーメーションが急速に進む中、国際的な
企業は、これまでの長い納品スケジュールにわたる大規模で均一なプロジェクトと比べて、さまざまなコンテンツタイプにわたるより小規模なプロジェクトを、何度も頻繁にローカライズする必要に迫られています。ローカリゼーションにおけるこのような変化は、人材、プロセス、技術といった翻訳納品ライフサイクルのすべての側面に影響を及ぼしています。クライアントは、旧態依然のアプローチは通用しないことを理解しています。新しいソリューションを開拓するため、クライアントは弊社のアドバイザーサービスを通じてWelocalizeと連携しています。アドバイザーサービスを通じたクライアントとのコンサルティング業務の例を以下に示します。

  • さまざまな品質モデルを作成するための、言語プログラムチーム向けの没入型トレーニングサミット
  • 自動化の対象範囲を特定するための、エンドツーエンドのワークフロー監査
  • MTエンジンの調整を最適化するための用語集および翻訳メモリの評価

グローバル2000企業からの信頼

「Welocalizeの協力により導入した機械翻訳プログラムは、革新的で業界の最先端を行くものでした。おかげでコストを抑えながら、より多くの資料を翻訳できるようになりました。プログラムがさらに進化する中で、今後もこの流れが続くでしょう。お客様が各自の母語でDell.comを閲覧できるようになれば、今よりずっと魅力的でご満足いただけるサイトとなるはずです」

Dell Technologies、Director of Translation、Wayne Bourland氏

「Intuitではグローバル化の波に乗り遅れないように準備する必要がありました。わずか3カ月でゼロから完全MT対応に移行するというのは並大抵の努力ではありませんでしたが、やり遂げました。また、追加の言語やコンテンツタイプに合わせたMTのより深い統合など、その他のマイルストーンも達成できました。Welocalizeは本当に優秀なグローバルローカリゼーションパートナーです」

Intuit、Group Manager、Render Chiu氏