Reaching Global Audiences with Neural MT

LIVE WEBINAR

FRIDAY, 6 NOV 2020

10AM JST

Reaching Global Audiences with Neural MT
Developing effective methods for NMT customization

Many global organizations are turning to next-generation language technologies to translate more and reduce turnaround times without compromising quality. Brands can now deliver more multilingual content to international audiences to support future growth strategies.

This Welocalize webinar will be led by industry experts in Welocalize Japan and Yusuke Shibata, Senior Manager of Technical Writing and Translation at NIDEK CO., LTD, a leading Japanese optical device manufacturer.

Discussions will focus on the role of “customized” neural machine translation (NMT) in multilingual global strategies. We will explain how NMT can be effectively customized using not just existing translation memories and glossaries, but with any kind of documents. As we do this, we will explore the potential of using back-translated training data and how you can take advantage of an MT dictionary function. This is an exciting opportunity to hear how Nidec moved from human translation to NMT and post-editing for its localization and translation projects, all while maintaining high levels of accuracy and readability in their product manuals and technical documents.

Welocalize Presenters:

Kenji Ozawa, Sales Director
Toru Shishido, Lead Linguist
Norio Abe, Solution Manager
Tomoko Saito, Client Success Manager 

Guest Presenter:

Yusuke Shibata, Senior Manager of Technical Writing and Translation, NIDEK CO., LTD

What you can expect…

  • A brief history MT and NMT in Japan
  • Overcoming fear of NMT and language automation: How NMT can help global organizations to manage and publish more multilingual content
  • Insights into NIDEK CO., LTD’s live program: Leveraging NMT and post-edited MT
  • Advantages of a customized NMT vs a generic NMT
  • How to build customized NMT effectively
  • A deep dive with into the JA-EN and EN-FR language combinations to learn the importance of testing, validation, and verification
  • How to move forward with NMT
  • Q&A

If you cannot make the live webinar, please register and we will send you the recording.

Meet The Speakers

宍戸 徹 (Toru Shishido)

2006年よりローカリゼーション業界でのキャリアをスタート。翻訳者、レビューア、ポスト エディター、プロジェクト マネージャー、ソリューション コンサルタントなど、さまざまな役職を経験。NMTよりも前の時代からポスト エディット作業に携わる。以来、作業者にとって効率的な PE 環境を探求し続ける。

柴田 裕輔 (Yusuke Shibata) 株式会社ニデック 薬事部 技術文書課 課長補佐

2000年から、現在勤務の医療機器メーカーでマニュアルや技術文書の英訳に携わる。また、英語から多言語への翻訳のディレクションも行う。Global English、GATツール、機械翻訳、マニュアル作成システムの導入により、翻訳プロセスの最適化も実施。

阿部 典央 (Norio Abe)

90年代中盤よりIT系ローカライズベンダーに身を置き、ローカリゼーション エンジニアリングを中心にプロジェクトマネージャー、ソリューション アーキテクトなどを経験。2016年よりWelocalize Japanのソリューションマネージャーに就任。日本のお客様に対するCAT、MT技術導入の提案など手掛ける。

小澤賢治(Kenji Ozawa)

小澤賢治(Kenji Ozawa)ローカリゼーションビジネスの営業として日本、アジア市場の開拓を20年以上担当し、2018年にWelocailzeのセールスマネージャとして着任。製造、情報通信、ライフサイエンス、特許など幅広い分野に関わり、お客様のグローバル展開をサポート。

齋藤 友子 (Tomoko Saito)

ローカライズ業界に20年以上従事。リンギスト、PM、コンサルタントを経験し、品質管理の方法や作業の効率性をお客様にご提案。2018年よりWelocalize Japanのランゲージグループのマネージャーを経て、現在はクライアント プログラム マネージャーとして、プロダクション部門全体を管理する。