Languages

JP staffing

人材紹介・派遣

あらゆるコンテンツの多言語化ソリューション

Welocalize では新製品リリースに合わせてローカライズ経験豊富なスタッフをオンサイトに派遣したり、お客様のグローバル サービス チームの即戦力となる人材を紹介したり、といったサービスを提供しています。 派遣期間についてもできる限り柔軟に対応します。 通常は、短い場合で 2 週間、長くて 1 年以上ですが、求められる職種や役職によっても異なります。 職種は、多言語の UI テスター、翻訳テスター、プロジェクト マネージャー、エンジニア、コンテンツ モデレーターとさまざまです。

わたしたちのデータベースにはこうしたスキルを持つ優れた人材が数多く登録されていますので、グローバルな製品ローンチなど、短期的に多くのリソースを必要とする場合にも対応できるリクルーティング インフラを構築いたします。 ですから、香港で中国語のテスターが 1 人欲しい、シアトルで 60 人の翻訳者チームが必要、などといった、あらゆるリクエストにお応えできます。

Welocalize ならではのサービス

わたしたちが目指すもの、それはお客様のビジネスを成功に導くことです。そしてそのためにカスタマー サービス、イノベーション、品質、グローバル チームワークという 4 つの基本原則をかかげています。 お客様のニーズに応えるため、この 4 つのいずれにも妥協はしません。だからこそ、質の高い人材派遣・紹介プロセスを提供できるのです。

たとえば、わたしたちのミッションは、まずはお客様のプロジェクトに最適な人材を提供することですが、それだけでは不十分です。プロジェクトを予算内におさめるのはもちろんのこと、期限内に滞りなく完了できるように全力を尽くすことが必要だと考えています。

そういった意味でわたしたち Welocalize のオリジナリティと価値の集大成が、この質の高い人材派遣・紹介プロセスであると言えます。

ハイパーリンク

候補者の審査と選定:
社内の人材データベースにふさわしい人材がいない場合は、募集から始めます。 応募にあたっては、候補者に、過去 3 年間の職歴と転職の動機、それに上司 2 人からの紹介文を記載したアンケートを提出してもらいます。 最終選考の際にお客様側から身元調査を求められた場合には、オプションとして実施いたします。

アンケートの結果により一次選考をパスした候補者とは、最寄りのオフィスで面接を行い、スキルと人柄がお客様の業務にふさわしいかどうかの二次選考に入ります。 この面接は、お客様を担当するアカウント マネージャーが実施します。お客様には、この面接をパスした候補者の履歴書のみを開示します。 この時点では、お客様から候補者に質問していただけますし、面接や電話インタビューをセッティングすることも可能です。その後、お客様が承認された場合にはその候補者に内定が伝えられます。

候補者は Welocalize の代表としてお客様のプロジェクトの一員になるのですから、書類選考および面接のプロセスを通じて、単に数合わせのために、モラルに欠けていたり、怠惰であったり、スキルが足りなかったり、といった候補者をご紹介するようなことは絶対にありません。 少しでもふさわしくないと判断できた場合は、ただちに別の候補者の選定に入ります。

トレーニング:
•  クライアント サポート: まったく変わらないものなどありませんが、なかでも最も速いスピードで変化するのが IT です。 ですから、システムの更新が必要な場合、あるいは問題解決の新たな方法が見い出された場合には、特に優秀な技術スタッフを派遣して、将来を見据えたトレーニングを実施いたします。

このため、お客様のプロジェクトや Welocalize が派遣したメンバーの状況に応じて、トレーニング資料、ヒント集、ビデオやコンピューターを使ったトレーニングなどを責任を持って準備いたします。

•  テスター サポート: オンサイトのテスターはすべて、お客様のガイドラインに従って適切にサポートし、トレーニングしています。 個別に追加のサポートが必要な場合には、人材派遣・紹介チーム担当者がサポートいたします。 究極的には、お客様の負荷を肩代わりして、仕事上の人間関係全般を Welocalize が構築することを目指しています。

オンサイト マネジメント:
お客様による候補者の選定が完了しても、その候補者と Welocalize のやりとりは終わりません。むしろ、そこから始まると言えます。 わたしたちにとってはオフサイトで働いているこうしたスタッフこそ、実はお客様が提供するサービスや製品に重要な役割を果たしています。つまり、彼らの責任感、やる気、まじめさを維持することが不可欠なのです。 そこで、Welocalize では担当のアカウント マネージャーが週に 1 回はお客様に連絡し、追加のご要望や、パフォーマンス上の問題点を伺います。また 4 半期に 1 回レビューを実施いたします。このレビューについては、「調査および KPI」のセクションで後述します。

調査および KPI:
わたしたちは、いただいた仕事にお客様とともに取り組み、そして常に向上し続けるべきだと考えています。そのためには、現状を把握し、成果をあげている点と改善が必要な点を見極める必要があります。 そこで、わたしたちは 4 半期に 1 回、業務のレビューを行って、あらかじめ設定したベンチマークに照らしてどのような結果を出しているのかについてお客様と話し合い、年末にはアンケートを実施してお客様に Welocalize の 1 年間の業績を評価していただいています。 そのアンケート結果に基づいて、プロセスの見直しを行い、お客様により貢献できるようなプランの策定、実施を行っています。

Welocalize には、お客様のコンテンツ多言語化を成功に導くノウハウ、人材、そして世界的なネットワークがあります。

Facebook Iconfacebook like buttonTwitter Icontwitter follow buttonVisit Our LinkedIn ProfileVisit Our LinkedIn Profile