Languages

JP insight

テクノロジーinsight

 

主要な市場や新興市場など、あらゆる市場でさまざまな言語の翻訳コンテンツに対する需要が増え続ける中、企業では翻訳コストの正当性について実証する必要性が高まっています。翻訳は翻訳サプライ チェーンの中では 1 つのコンポーネントにすぎず、ユーザは国内の調査や分析、オーサリングと製品開発、ビルド、テスト、最終市場の検証など、すべての段階で情報を収集しなければなりません。

翻訳に関する重要な指標を入手して、より広範なビジネス インテリジェンス フレームワークに統合するにはどうすればよいのでしょうか。
InSight は動的なレポート作成ダッシュボードであり、主要業績評価指標 (KPI) に関する情報をリアルタイムで提供し、ビジネス目標へのローカライズ コストの割り当てを支援します。分かりやすいグラフや図を使用して翻訳に関する重要なレポートを提供します。このレポートはすべての言語と製品についてパフォーマンス、ボリューム、コストを追跡し、測定したものです。この指標には、次のものを含めることができます。

  • 言語別のボリューム
  • 製品またはコンテンツ タイプ別のボリューム
  • 言語別のコスト
  • 翻訳以外のコスト
  • 品質スコア
  • プロジェクト期間
  • 単位あたりのスループット
  • 納品統計値
  • バグ、不具合、クエリー分析

お客様の翻訳サプライ チェーンに関する特定期間の統計値と損益情報をリアルタイムで入手できるようになり、翻訳予算の使い方について、十分な情報に基づく意思決定が可能になります。InSight は、関係者のコミュニケーションを促進し、プログラムやプロジェクト、アカウントレベルのイニシアティブ、標準作業手順 (SOP) について情報を共有するなど、連携用ポータルとしても機能します。ユーザはこのポータルでディスカッション グループや wiki、カレンダーを使用して、プロジェクト チーム全体と簡単に連絡を取ったり連携したりできます。

InSight は統合的なビジネス インテリジェンスを、直観的でタイムリーかつ正確なレポートとして提供し、戦略的な意思決定と ROI 管理を向上させます。

 

Facebook Iconfacebook like buttonTwitter Icontwitter follow buttonVisit Our LinkedIn ProfileVisit Our LinkedIn Profile