Languages

たくさんの子どもたちに笑顔を。Welocalize は Class for Everyone に 32 台の PC を寄贈しました。

米国メリーランド州フレデリック –  昨年末のこと、日本支社(Welocalize Japan 株式会社)のメンバーがストレージ ルームの片付けをしていると、ほこりをかぶった古い PC やモニターがたくさん見つかりました。ただ処分するのはもったいない、そう考えた日本のメンバーは、東京にある Class for Everyone という NPO が、PC をリサイクルして途上国の学校に寄贈しているという話を聞き、連絡をとってみました。

「わたしたちは世界の情報格差を是正し、だれもが平等に情報や教育を受ける機会を得られる社会をつくることを目指す NPO 法人です。」とコメントしてくださったのは、Class for Everyone の代表である高濱宏至さんです。「現在、Welocalize Japan を始めとする日本の企業から、使わなくなった PC を集めてアジアやアフリカの途上国の学校に送り、IT 教育を促進する活動を行っています。1,000 台以上のノートパソコンをリサイクルするのが今年の目標です。」

Welocalize Japan 株式会社のローカリゼーション エンジニア、バイズ 葉 日偉はこう語っています。「わたしたちは、高濱さんのお話を伺って、ぜひこの活動を応援したいと思いました。わたしたちが使わなくなった PC を必要としている人たちがいるなら、その人たちが使ってくれるのが一番です。しかも Class for Everyone では、PC を完全に再生し、最新のソフトウェアをインストールしてくれます。つまり、何一つ無駄にならないし、子どもたちもリサイクルした PC を使って教育を受けられます。すばらしいことだと思います。」

Welocalize では、社会への還元をとても重要だと考えています。数ヶ月前には、2012 年のクリスマス キャンペーンとして Kiva に 8,000 米ドル以上を寄付し、役員会議のイベントして恵まれない子どもたちに 12 台の自転車をプレゼントしました。Welocalize は間違いなく「他とは違うやり方」を実践しています。そして、CEO の Smith Yewell にとっては、世界に変化をもたらすことも同じくらい重要なことなのです。

Class for Everyone について

Class for Everyone は、インターネットを通して、フィリピンのすべての人々に平等な教育機会を与えることを使命として発足した団体です。もっと詳しくお知りになりたい方は Class for Everyone の Web サイトまたは Facebook ページをご覧ください。

Welocalize について

Welocalize は、オンデマンドの翻訳ニーズに応えるため、翻訳に関する総合的なサービスと製品を提供しています。グローバリゼーションに関するコンサルティングから、翻訳、ローカリゼーション、テスティングのソリューション、企業向けの翻訳管理ツールまで、オンデマンド翻訳を実現する幅広いサービスを提供しており、対応可能言語は 120 以上に上ります。アメリカ、イギリス、ドイツ、アイルランド、日本、中国に 12 のオフィスを構え、600 人を超える従業員が活躍しています。詳しくは、ぜひ をご覧ください。

 

メディア関連のお問い合わせ先

アメリカ: Lindsey Sherman (Lindsey.sherman@welocalize.com)

ヨーロッパ/アジア: Louise Law (Louise.law@welocalize.com)

Print Friendly
Facebook Iconfacebook like buttonTwitter Icontwitter follow buttonVisit Our LinkedIn ProfileVisit Our LinkedIn Profile